IPv6セミナーが定員の倍に。Python試験受験者がIPv6検定に興味がある理由

こんにちは。日本ネットワーク技術者協会の吉政でございます。

1月30日に小川晃通さんをメイン講師に招いたCTC教育サービス主催のIPv6セミナーが開催されます。私も少しだけIPv6検定のご紹介を行います。そのセミナーですが、集客が大変好調で当日まで半月の時点で定員の約倍の90名のお申し込みをいただく盛況ぶりです。人気の小川晃通さんの講師ということでもあるのですが、企画をした私としてもとてもうれしい限りです。CTC教育サービスさんはIPv6を部分的に出題範囲にしているCiscoの認定試験の対策コースをご紹介いただく予定です。まだお申し込みをされていない方は、是非この機会にお申し込みいただければ幸いです。

IPv6の有識者 小川晃通さんからIPv6を学ぼう 2024年1月30日(火)開催!
https://www.school.ctc-g.co.jp/news/20231222_090931.html

このセミナーもそうですし、前回実施したIPv6検定試験キャンペーンも提携先のPythonエンジニア育成推進協会でご紹介いただいていまして、その反響も結構大きかった印象です。マーケッターでもある私はその理由を探るべく、いろいろ調べてみると、国内のPython求人の中の約3割から4割(求人サイトによって違います)がネットワークエンジニアの求人でした。これはPythonがインフラの管理自動化によく使われているためで、インフラエンジニアやインフラエンジニアを目指す方がPython試験を受験しているようなのです。それもあって、前回のIPv6検定試験キャンペーンも半分以上の申込者がPython受験者であったのだと思います。

そのIPv6基礎検定ですが、またキャンペーンを始めました。興味がある方はIPv6のバイブル的書籍がもらえるキャンペーンですので、興味がある方は以下のページをご覧の上お申し込みください。

IPv6のバイブル的書籍プレゼントキャンペーン
https://network-engineer.jp/archives/1117

また、ネットワークエンジニアの方で、Pythonを学びたい方は、ネットワークエンジニア向けのPython書籍が当協会からマイナビ出版で発売されました。興味がある方は以下よりお買い求めください。

Pythonによるネットワーク自動化の教科書 Kindle版
https://www.amazon.co.jp/dp/B0CPP6417M/

※本書籍はPythonとネットワークの自動化検定の主教材になります。Pythonとネットワークの自動化検定については以下のページをご覧ください。
https://network-engineer.jp/pynet_basic

Related post

  1. NTT東日本 松村崇志様のIPv6基礎検定合格体験記を公開しまし…
  2. IPv6セミナー2023 Summerセミナーレポート)アンケー…
  3. 「第9回 Pythonの基本(4)辞書型 (小澤昌樹)」がCTC…
  4. BCN掲載)日本ネットワーク技術者協会、IPv6検定の基礎試験と…
  5. IT Leaders掲載)「IPv6基礎検定」を2023年4月3…
  6. クラウドWatch掲載)日本ネットワーク技術者協会、「IPv6基…
  7. IPv6のバイブル的書籍プレゼントキャンペーン
  8. 「未経験からインフラエンジニアになるためのセミナー」(京セラグル…

最近の記事

PAGE TOP