当協会について

組織名称:

一般社団法人 日本ネットワーク技術者協会
(英名: Japan Network Engineer Association Co., Ltd.)

設立日:

2018年12月25日

設立目的:

当法人は、広く一般市民を対象として、ヤマハネットワーク製品および各種ネットワーク製品の設定・運用技術習得者に対する認定試験事業とヤマハネットワーク製品および各種ネットワーク製品の販売店のマーケティング支援を行い、ヤマハネットワーク製品および各種ネットワーク製品を通じたITネットワークの社会教育および振興の推進に貢献することを目的として、目的に資するため次の事業を行うものとする。

活動内容:

当協会は、第3条の前述の設立目的を達成するため、次に掲げる種類の活動を行う。
(1)通信機器であるヤマハネットワーク製品および各種ネットワーク製品の設定・運営技術習得者及び習得希望者に対する認定試験事業「ヤマハネットワーク製品認定試験」及び「ネットワーク認定試験」の実施
(2)通信機器であるヤマハネットワーク製品および各種ネットワーク製品の販売店に対するマーケティング支援
(3)通信機器であるヤマハネットワーク製品および各種ネットワーク製品の普及啓発
(4)前各号に掲げる事業に附帯又は関連する活動

組織体制:

特別協賛会社:SCSK株式会社(ヤマハ ネットワーク機器の国内総販売代理店)

代表理事:吉政忠志( 吉政創成株式会社 代表取締役)

2010年に国内初となるマーケティングアウトソーシング専門会社 吉政創成株式会社を設立、代表取締役に就任。教育面ではターボリナックスのTurbo-CE、XMLマスターの立ち上げのプロジェクトに参加し、PHP技術者認定試験、Ruby on Rails技術者認定試験、Pythonエンジニア認定試験を主宰。文部科学省 ITフロンティア教育推進事業 XML教育プログラム委員(2001年~2003年)、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) IT人材育成本部 HRDイニシアティブセンター 専門委員(2018年)も経験。


Pythonアドバイザー:
寺田学( 株式会社CMSコミュニケーションズ 代表取締役 )

Python Web関係の業務を中心にコンサルティングや構築を(株)CMSコミュニケーションズ代表取締役として手がけている。他には一般社団法人PyCon JP Association 代表理事、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会顧問理事を務めている。最近はPythonの魅力を伝えるべく、初心者向けや機械学習分野のPython講師を精力的に務めていたり、Pythonをはじめとした技術話題を扱うPodcast「terapyon channel」を配信中。

テクニカルアドバイザー:
小澤昌樹(株式会社シオラボ 代表取締役)

株式会社シオラボ代表取締役。ネットワークがチョットデキルWebシステムエンジニア。 新卒でメーカー系ソフトハウスに入社しシステムエンジニアとして従事したのちに独立。フリーランス、合同会社を経由して、株式会社シオラボを設立。Ruby on Railsを使ったWebシステムの開発が得意。また、プログラミングのたのしさを広めるためのプログラミング教室も開催している。

 


協力:
濱田康貴(株式会社パイプライン 代表取締役)

株式会社パイプライン 代表取締役。WEBサイト企画 コンサルティング、クラウド運用支援、プロジェクトマネジメント、金融機関のネットワーク設計やPCI DSS要件定義なども行う。Software Design誌やWEB媒体にヤマハルーターによるオンプレミスとクラウド間を結ぶVPN構築手順やシェルスクリプトによるWordPress自動デプロイ手順などの執筆経験を持つ。

 

寺西祐樹

ネットワークエンジニア。IT企業にてネットワークの設計、構築、運用を業務として行う。またネットワークの運用にかかる人的負担を減らすべく、Pythonなどを駆使したネットワーク運用の自動化について日々検証を行っている。雑誌やブログなどで、ネットワーク構築に関する記事を執筆中。

 



監事:穂苅智哉

IT企業にてサーバ運用やWebサイト構築の提案、ディレクション、マーケティングを経験。 その後、外資企業にてパートナー企業の営業支援を行う。 また、Pythonや企業のネットワーク、セキュリティなどに関するコラムを複数執筆中。

 

 

幹事会社兼事務局
吉政創成株式会社

最近の記事

PAGE TOP