ニュース掲載)日本ネットワーク技術者協会、「IPv6基礎検定」を2023年3月から実施

本日発表の新試験が、早速クラウドWatchに掲載されました。ありがとうございます!–  一般社団法人日本ネットワーク技術者協会は23日、IPv6を理解したエンジニアの育成を推進する「IPv6基礎検定」試験を、2023年3月から通年で実施すると発表した。 IPv6基礎検定は、初級ネットワークエンジニアとネットワークの運用管理者を対象に、IPv6の基礎的な知識を問う試験。主教材での学習時間は約40時間を想定。設問数は40問、受験時間は60分で、合格基準は70%正解。受験期間は通年。受験料金は1万円(税別)。試験会場は全国300カ所のCBT-Solutionsテストセンター。主教材は「プロフェッショナルIPv6第二版(ラムダノート)」。

(記事の続きは以下をご覧ください)
https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1397167.html

Related post

  1. Pythonでネットワーク自動化をしよう > 第1回 Pytho…
  2. Zoom仮想背景を公開しました。
  3. マイナビニュース掲載)IPv6基礎検定ベータ試験が10月9日に実…
  4. IPv6基礎検定の例題動画が公開されています。♯ipv6 #ip…
  5. ヤマハミートアップ2019札幌で代表の吉政忠志が登壇します。
  6. ニュース掲載)IPv6に強いエンジニアを育成する「IPv6基礎検…
  7. ニュース掲載)日本ネットワーク技術者協会、IPv6検定開始
  8. ニュース掲載)日本ネットワーク技術者協会、「IPv6検定基礎試験…

最近の記事

PAGE TOP